読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリートメントより効果的!? 内側から“美髪”をつくるコツ&栄養素

食事

f:id:rizap-media:20161107140803j:plain

歳を重ねるごとに髪からツヤやハリ、コシがなくなり、なんだか量も減ってきた気がする…そう悩む方は多いのではないでしょうか。それは男性だけでなく、女性もそう。頭皮や髪の健康は見た目の年齢にも表れる女性の命です。いつまでも若々しくいたいですよね。そんな方のために、美髪をつくるコツ&栄養素を紹介します。

髪の主成分とは?

f:id:rizap-media:20161107140815j:plain

髪の毛は、ケラチンというタンパク質で形成されています。ケラチンは18種類のアミノ酸の結合によってできていて、その中でも髪に多く含まれているのが“シスチン”と呼ばれるアミノ酸です(シスチンは、システインというアミノ酸が2つ結合してつくられるもの)。このアミノ酸を含むタンパク質を多く摂取することが美髪をつくるために大切なのです。アミノ酸について詳しくは下記リンクをチェックしてみてください。

シスチンを多く含む食材
牛肉、卵、かつお、しろ鮭、さんま、ほっけ、やりいか、伊勢海老、納豆、木綿豆腐、高野豆腐、麩、ごま、落花生、カシューナッツ、くるみ、枝豆、しらす干しなど

積極的に摂りたい栄養素

f:id:rizap-media:20161107140835j:plain

ビタミンA

ビタミンAに含まれる抗酸化物質が肌の乾燥を抑えてくれるので頭皮の潤いを守り、髪が乾くのを防ぐと言われています。

多く含まれる食材
鶏レバー、豚レバー、うなぎ、銀だら、卵黄、モロヘイヤ、ほうれん草、にんじん、青じそ、焼きのり、牛乳など

ビオチン(ビタミンB7)

ビオチンは水溶性のビタミンで、ビタミンB群の一種です。髪の成長に重要な栄養素で、頭皮や髪の環境を整えてくれることから“髪のビタミン”と呼ぶ人もいるそうです。ビオチンが不足してアミノ酸代謝が滞ると、脱毛や白髪などの症状が出やすくなるので、丈夫な髪を作り出すためにしっかりと摂取したい栄養素です。

多く含まれる食材
いわし、うなぎ、かれい、たらこ、あさり、レバー(牛・豚・鶏)、卵、大豆、焼きのりなど

ビタミンB12

ビオチンと同じく、ビタミンBの一員であるビタミン12。これは抜け毛の防止に役立ってくれます。ビタミン12は鉄分のカラダへの吸収を助けてくれるため、抜け毛の原因の一つとなる鉄欠乏を抑制してくれるのですね。

多く含まれる食材
レバー(牛肉・鶏肉)、さんま、しじみ・あさり・赤貝・ほっき貝などの貝類、いくら、焼きのり、煮干し、チーズ、納豆など

意外と知らないのが筋トレ効果

筋トレをすることで体内に若返りホルモンと呼ばれる『成長ホルモン』と『コラーゲン』が生成され、美髪になるといわれています。
成長ホルモンの役割は“傷ついた体内組織を修復”“脂肪の燃焼”“免疫力を高める”“カラダの若返り”などがあります。ということは、美容サロンなどで、数十万円もする成長ホルモン注射を勧められたりしますが、そんなことをしなくても実は筋トレをして『成長ホルモン』を生成すればOKとも言えますね! また、美肌効果でお馴染の『コラーゲン』は“髪のツヤ”を出す美髪効果も期待できるとされています。
カラダの内側から美髪を目指して、いつまでも若々しくいたいものですね!

f:id:rizap-media:20161107140905j:plain

美容院でトリートメントをしたり、高価なヘアケアアイテムを使ってみるのも良いですが、食事やトレーニングで内側からの美を目指してみてはいかがですか? ぜひ、参考にしてみてくださいね。

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

ページトップへ