インフルエンザ予防にはヨーグルト?知られざる効果とは

f:id:rizap-media:20161111172326p:plain

インフルエンザの流行る季節になってきましたね。特に通勤で毎日満員電車などに乗る社会人の人は健康管理に気を付けないといけません。今回は、インフルエンザ予防に関して、食べ物や飲み物など内部から出来る予防法を解説します!

インフルエンザ予防はヨーグルトの乳酸菌が鍵

最近の研究で、ある種類の乳酸菌はナチュラルキラー細胞のはたらきを良くする効果があることが分かってきました。ナチュラルキラー細胞とは、免疫細胞の中でも特に重要な細胞で、侵入してきたウィルスなどを退治する効果を持つ細胞です。また、ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞は、6割〜7割が腸の中に存在していると言われており、正常に維持させるためには腸内環境を整えることが重要です。
そんなときに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境の改善に役立ってくれるのです!

このことから、ヨーグルトの乳酸菌を摂ることはインフルエンザ予防につながると言われています。ただ注意してほしいのは、ヨーグルトは”絶対にインフルエンザにならない食品”ではありません。

最近では、生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌も発見されていますし、ヨーグルト以外にも、より一層免疫力を高める効果のある乳酸菌の入った食品も販売されています。乳酸菌は、生きた状態でも、死んだ状態でも腸内環境の改善に役立つため、ヨーグルトをはじめ、乳酸菌を積極的に食生活に取り入れ、インフルエンザ予防に役立てましょう!

納豆、味噌!インフルエンザ予防は発酵食品を食べよう

f:id:rizap-media:20161111172339p:plain

タンパク質は、体のもとになる栄養素です。タンパク質が豊富な食品といえば大豆食品が有名ですね。特に納豆は乳酸菌の増殖を助け、腸内の有害な菌の働きを妨げます。しかし、納豆の食べ過ぎは生理の乱れや通風の原因になるとも言われているので食べ過ぎは禁物。量よりも毎日継続することが大切です!

また、同じく大豆を発酵させた食品として味噌があります。味噌はタンパク質をはじめ、各種ミネラルが豊富です。これらのことから、インフルエンザ予防には納豆や味噌などの発酵食品を食べて、免疫力アップささせるのがオススメです。

粘膜を守る緑黄色野菜

ビタミンAを多く含んでいる緑黄色野菜。ビタミンAは粘膜を強めるのに最適だと言われています。特にビタミンAが豊富な野菜にニンジン、モロヘイヤ、ほうれん草などがあります。とはいえ、かさばる野菜はなかなか食べづらいですよね。そんなときは、味噌汁の中に緑黄色野菜を入れた、具沢山味噌汁がオススメ!

味噌汁なら、ミネラルが豊富な発酵食品の味噌、ビタミンAが豊富な緑黄色野菜の両方を一度にとることが可能ですし、加熱することで野菜のかさも減ってぐんと食べやすくなります。忙しくてなかなか料理をするのが難しい方でも、味噌汁なら具を切って、入れて加熱するだけなので簡単にできますね。

バランスよく食べて免疫力UP

インフルエンザをはじめ、様々な風邪を予防するためには、内側から免疫力をアップさせることが大切!
「これを食べたから絶対にインフルエンザにかからない!」という食べ物はありませんが、免疫力が高まることで、病原菌が体に中に入ってきても素早く退治することができます。また、食べ物以外にも基本的な予防方法である、手洗い・うがいもお忘れなく!

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

f:id:rizap-media:20170824111103j:plain

f:id:rizap-media:20170824141248j:plain

f:id:rizap-media:20170824141302j:plain

f:id:rizap-media:20170824141316j:plain

ページトップへ