ライザップ流居酒屋での低糖質メニュー&低糖質の間食

ライザップがおすすめする居酒屋でのメニューと間食をご紹介します。

ライザップ流居酒屋での低糖質メニュー

夜は食事量をおさえるのがセオリーです。
食物繊維が豊富なつまみと低糖質のアルコールの組み合わせが○。

お酒

アルコールには筋肉分解作用があるので極力控えてください。飲む場合も糖質がない蒸留酒2杯までを限度としましょう。

f:id:rizap-media:20180104115607j:plain

f:id:rizap-media:20180104115815j:plain

おつまみ

焼き鳥や焼き肉といった、肉系料理の店だと頼みやすいです。「ライザップ中なので」とみんなに一言いうのも大事。

f:id:rizap-media:20180104115830j:plain

f:id:rizap-media:20180104115841j:plain

ライザップ流低糖質の間食

低糖質食生活中はおやつや甘いものを食べられないという、先入観を持っている人も多いはず。
しかしライザップではおやつ・間食はむしろ推奨しています。

間食

筋肉が分解されるのを防ぐために、空腹の状態をなるべくつくらないようにすることが大切です。空腹を感じたら積極的に間食を食べましょう。

f:id:rizap-media:20180104115856j:plain

f:id:rizap-media:20180104115921j:plain

低糖質の豆知識

1 乳製品を積極的に食べよう

たんぱく質を豊富に含む乳製品は、低糖質中は積極的に食べたい食材。ただし牛乳には糖質が多く含まれるのでたくさん飲まないこと。チーズは腹持ちもよくオススメです。

f:id:rizap-media:20180104115934j:plain

ヨーグルトは牛乳と糖質の量が同等ですが、低糖質で変わっていく腸内環境を整える効果があります。

2 飲み物にも糖質はある

缶コーヒーや無糖でない炭酸飲料には大量の砂糖が使われており、糖質を多く含むため気軽に飲まないように注意。喉が乾いたら水をたくさん飲むようにしましょう。

f:id:rizap-media:20180104115953j:plain

スポーツドリンクには糖質が多く含まれます。ゼロカロリーでも人工甘味料が使われているので、飲みすぎないように。

低糖質大人男子スイーツ

毎日仕事とトレーニングに励んでいると、男だって甘いものは欲しくなって当然。ここでは、ライザップが提供する低糖質スイーツを紹介します!!

f:id:rizap-media:20180104120007j:plain

f:id:rizap-media:20180104120018j:plain

f:id:rizap-media:20180104120033j:plain

低糖質でかしこく甘みをとる裏ワザ

低糖質では砂糖やみりんを使えませんが、料理の甘味をあきらめる必要はありません。
糖質を含まない天然成分の甘味料(「ラカントS」など)を使用すれば、低糖質中も甘味のある料理を堪能できます。

f:id:rizap-media:20180104120047j:plain

ページトップへ