お風呂でリラックスダイエット!

f:id:rizap-media:20170210190530j:plain

入浴中は血行が良くなり汗をかいてデトックス効果があったり、リラックス効果があったりと健康や美容に嬉しいことがたくさんあります。毎日入るお風呂だからこそ、その時間をもっと有意義なものにしてみませんか?今回は、健康的で美容に良いとされている半身浴の魅力やその方法について解説します。

肩まで浸かるのと半身浴とではどう違う?

美容に良いとされる入浴方法を調べると、肩まで浸かる方法や半身浴など様々な方法が出てきますよね。実は、いずれの方法もダイエットや美容に良い効果が得られると言われていますが、得たい効果によってその方法は異なるとされています。

例えば、お風呂でカロリーをたくさん消費したい場合は肩まで浸かる入浴法が良いとされ、代謝を良くして冷えやむくみを取りたいなら半身浴がおススメと言われています。どちらも健康的な入浴方法ですが、今回はダイエットにも美容にも嬉しい変化を感じられるとされている、半身浴について理解を深めていきましょう。

半身浴を続けると得られる変化とは

f:id:rizap-media:20170210190541j:plain

半身浴は、言い換えれば「ぬるめのお湯で体を温める入浴法」です。
人間の体は重力の関係で、立っている間に血流に含まれる老廃物が下半身に溜まりやすくなります。老廃物が足や腰周りなどに溜まると、むくみや血行不良による冷えの原因となってしまいます。

半身浴を続けることで下半身にむくみや老廃物が溜まりにくい体へと変化していきます。また、下半身だけでなく入浴中は全身がぽかぽかと温まってくるので、汗をかきながら全身のデトックス効果も見込めます。そのようにして老廃物を溜め込まない体になると、少しの運動でも汗をかいて効果的にダイエットを行えたり、血色がよくなり顔のくすみがなくなったりと健康面・美容面ともに嬉しい変化を感じやすくなります。

正しい半身浴の方法

半身浴を行う際は、37℃~38℃のぬるま湯で、みぞおちから下が浸かるぐらいを目安に最低20分間湯船に浸かります。入浴中は汗をかいたり、手持ちぶさたになったりすることも予想されるので、あらかじめ水分補給用の飲み物や雑誌などを準備しておくのがおススメ。

最低20分間入浴できれば体全身が温まってきているのを実感できるはずですが、もしも一向に体が温まらない場合はお湯の温度が下がってないか、湯量が適切かどうか確認しましょう。

正しい方法で半身浴を続けると、最初の数日はあまり汗をかかなかったとしても、だんだんと日を追うごとにたくさん汗を流して老廃物を体外に押し出せる体へと変化しているでしょう。

湯温や入浴時間を守って健やかな体や肌を手に入れましょう

半身浴は、なによりも入浴方法を守って行うのが大切です。早く効果を得るために汗をかきたいからと言ってお湯の温度を上げたり胸部まで浸かったりすると、体へ負担をかけてしまうので注意してください。正しい半身浴を行って、代謝アップや老廃物を溜め込まない美しいボディを手に入れましょう!

 

 

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

ページトップへ