たった9分浸かるだけ!「333入浴法」のスゴい効果と注意点

f:id:rizap-media:20160620170918j:plain

女性に多い冷え性。実は、冬だけではなく、夏場でもクーラーなどの影響で冷え性になっている方は多いのです。 冷え性を放っておくと様々な病気を引き起こすこともあるのだとか。しかし、そんな冷え性を撃退し、かつダイエット効果もある入浴方法があります! テレビでも話題になった、あの入浴法をご紹介します。

テレビで女医さんが考案した、「333入浴法」!

テレビ番組で女医さんが考案した「333入浴法」というのが、冷え性に効果的!しかもダイエット効果もあると、話題なんです。 「333入浴法」とは、40~42℃の暑めのお湯に肩まで3分浸かり、その後3分洗い場にでる。また3分お湯につかる…というのを3セット繰り返す入浴法です。

「333入浴法」のやり方

f:id:rizap-media:20160620171319j:plain

つまり、

40~42℃のお湯に3分浸かる

3分間洗い場にでる(身体を洗ったりシャンプーをすればOK)

3分間お湯につかる

3分間洗い場に出る

3分間お湯につかる

3分間洗い場にでる(そのままお風呂をでます)

ということ。なんと、お湯に浸かっている時間はたった9分!全体でも18分しかかっていません。 いままで半身浴に1時間くらいかけていたのに効果がなかった…という方は今日から「333入浴法」に切り替えてみてはいかがでしょうか?

しかも、この「333入浴法」ですが、たった9分の入浴で1時間のウォーキングに相当するカロリーを消費できるのだとか! 冷え性が改善されるだけでなく、ダイエット効果も得られる入浴法なのです。

「333入浴法」の注意点

さて、冷え性を改善し、ダイエット効果もある「333入浴法」ですが、気を付けたいことがあります。

そもそも、このダイエット方法は、3分間熱めのお湯に肩まで浸かり、水圧によって身体に負荷をかけることがポイント。そして、その水圧の負荷から3分間洗い場にでることによって、身体を開放することで血液循環を良くしているのです。 ですから、肩まで浸からないと意味がありませんし、ぬるいお湯でやっても意味がありません。

また、このような原理で一気に血液循環をよくする入浴法なので、高血圧や心臓に疾患のある方は、避けた方がいいのです。さらに、この「333入浴法」は眠る直前に行うと、交感神経の働きが活発になってしまうため、眠りに入りにくくなるので注意が必要です。眠る2時間前に行うようにしましょう。

「333入浴法」のお風呂上りは

f:id:rizap-media:20160620171646j:plain

「333入浴法」で入浴すると、お風呂上りにはかなりの汗をかきます。水分補給は絶対に必要なので、お水を摂りましょう。ただし、ここでも注意点が。ここで冷たい水を飲んでしまうと、せっかく温まったのに身体を冷やすことになってしまいます。水は常温で飲むのがベストです。そして、眠る前には、副交感神経を活発にさせるため、のんびりと読書などを楽しんでみてください。

眠る2時間前に入浴しても、手足がまだポカポカしていることに気づくはずです。手足がポカポカしていると、安眠にもつながり、疲れをとることができますよ。

いかがでしたか?話題の「333入浴法」をご紹介しました。半身浴よりも簡単に、時間もかからず行える入浴方法! ぜひ、一度効果をためしてみてくださいね。

 

HOWZAP編集部

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

f:id:rizap-media:20170824111103j:plain

f:id:rizap-media:20170824141248j:plain

f:id:rizap-media:20170824141302j:plain

f:id:rizap-media:20170824141316j:plain

ページトップへ