太りにくい油があるって本当?油の種類と脂質の役割

f:id:rizap-media:20160824231502j:plain

ダイエッターに敵視されがちなのが油=脂質! みなさんも“脂質=カロリーが高くて太る”と思っていませんか? もちろん摂りすぎると肥満や脂質異常症などの原因になるので注意したいところですが、脂質は糖質、タンパク質と並ぶ、三大栄養素のひとつで、体内のさまざまな機能に関わる大切な栄養素なのです。今回は、脂質との上手なつきあい方についてお伝えします!

脂質はどんな役割をするの?

f:id:rizap-media:20160824231551j:plain

脂質は糖質、タンパク質と同様に、体内でエネルギーとなる大切な栄養素です。
主に、

  1. 排便を助ける
  2. 皮膚の潤いを保つ
  3. ホルモンの材料となる
  4. 細胞膜の材料となる
  5. 体温維持や内臓保護の働きがある

などの役割があります。私たちの脳も、実は約60%は脂質でできているのですよ! 脂質は脳の神経細胞膜の材料となり、記憶力や学習能力の向上、認知症予防にもよいといわれているので、積極的に摂取したいですよね。

油の種類

油=脂質のことで、油の種類は構成している脂肪酸の種類で決まります

f:id:rizap-media:20160824231622j:plain

飽和脂肪酸

融点が高く常温で固体となるため、体内や血液中でも固まりやすく、 血液の粘度を高めてしまいます。また、血液中のコレステロールや中性脂肪を増やす働きがあり、太る原因に。 過剰摂取には十分な注意が必要です。

不飽和脂肪酸

融点が低く、常温では液体で存在しています。体内にある余分な脂肪、コレステロールをエネルギー源として肝臓に送り、結果的に体内の脂肪、コレステロールを減らしてくれます。

同じ油でも、動物性の油と植物性の油の違い、さらには、植物性の油の中でも少し控えたい油、積極的に摂取したい油などがあるのです。ぜひ、普段自分がどんな油を摂取することが多いのか、確認してみてください。

f:id:rizap-media:20160824231639j:plain

食文化が発達している現代では、油の摂りすぎによる健康障害も問題視されているのですが、控えすぎて不足してしまうのもカラダのためによくありません。肌荒れや便秘などの症状が起こりやすくなることも知られていて、 女性の場合は月経トラブルの原因になることもあるのです。健康を保つためにも、過剰になりすぎず不足しすぎず適量を摂ることを心がけてくださいね。

のカラダを鏡でチェックしてみてください。全身をチェックしながら、つまんでみるのもよいでしょう。美しくなるためには、カラダの変化を知ることも大切ですよ。

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

ページトップへ