急性便秘って知ってる?ダイエット中の便秘のしくみ

f:id:rizap-media:20161028131446j:plain

ダイエットのポイントは消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。しかし、食事量を減らしたり食事の内容を変えたりした結果、便秘になってしまった経験はありませんか? そこで、今回はダイエット中に起こりえる便秘について、またその解消法についてご紹介します。

急性便秘の原因は栄養不足と運動不足

多くのダイエット中の便秘の正体は急性便秘(機能性便秘)と言われています。とくに、日本人の3分の2は、急性便秘の中でも弛緩性便秘になるとされています。食事のタイミングが不規則かつ、食べる量を減らすことで栄養不足になることで起きてしまうようです。食物繊維や脂質、糖分、水分などの栄養素が不足しているほか、ビタミンが足りない状態になっていると考えられます。

急性便秘を解消するポイント

f:id:rizap-media:20161028131505j:plain

急性便秘を解消するためのポイントは、食生活の改善と適度な運動。ダイエットのためにと、間違った生活をしている人もいるかもしれません。ここでは、急性便秘改善が期待できる食事や運動方法を見てみましょう。

食事量】

食事量が少なくなると、便のかさが減ってしまいます。ただし、ダイエットのためにはカロリーの摂取量もポイント。緑黄色野菜や豆類のようにローカロリーかつ糖質が少なく、食物繊維が豊富な食べ物を選びつつ、食事量自体は減らし過ぎないようにしましょう。

【脂質】

ダイエット中に高カロリーなお肉や乳製品を避ける人もいますが、便秘のためにはNG。お肉やバターなどは適度に食べるとよいでしょう。また、ヨーグルトやチーズのような乳製品は整腸作用が期待できるため、急性便秘の解消が期待できます。

【糖分】

糖分は腸の中で発酵して大腸の動きを刺激すると言われています。極端に摂取量を減らすのではなく、はちみつや砂糖、水あめなど、必要量を適度に摂取すると良いでしょう。

【腹筋運動】

ダイエット中、便秘が気になる方に意識してほしいのは腹筋運動です。とくに、便秘は腹筋や腸の筋肉が弱くなることで起こると考えられるので、適度に腹筋の筋力刺激するように心がけましょう。普通の腹筋運動だけではなく、足上げ腹筋運動も効果が期待できます。

ダイエットに有効なのは計画的な食生活と運動習慣

いかがですか?ダイエットを始めたことにより、急な食生活の変化で、栄養状態が悪くなって急性便秘になってしまう可能性があるようです。ただ闇雲に食事量を減らすのではなく、腸の代謝を考え、適度な運動を取り入れて、急性便秘にならないよう、健康的なダイエットを心がけましょう。

how.rizap.jp

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

ページトップへ