黒じゃなくて青だった!?着痩せ効果がある色と鉄板オシャレコーデ

f:id:rizap-media:20160705134104j:plain

ダイエット中の着痩せコーデに役立つとおもっていた黒。せっかくの夏なのに、ほぼ毎日オールブラックコーデで夏を乗り切っているなんて人も多いのでは……?実は着痩せ効果があるのは、黒よりも青!その理由とブルーコーデのおしゃれポイントをご紹介します。

黒は人が見たままの形を表す

着痩せ効果が高いと思われている黒ですが、実際にブラックコーデをしてみると「太っても見えないし痩せても見えない……」と感じたことありませんか?その理由は、黒はその人の体型をそのまま表す色だからなのです!黒は服と風景の境目をしっかりと映し出し、輪郭をはっきり見せるので、体のラインが丸出しになってしまいます。ダイエット中に積極的にブラックコーデを取り入れていた人にはショックな事実ですよね。

黒は逆に太って見えてしまうことも!

「黒」と聞くと、軽くて爽やかなイメージを思い浮かべる人ってあまりいないですよね。そうなんです、実は黒は重たく見られてしまうダイエットに不向きな色だったんです…!黒の洋服はどっしりとした印象になってしまいがちなので、実際の体重よりも軽く見せたい人はなるべく避けた方が良いかも知れません。

黒よりも着痩せ効果があるのは青

f:id:rizap-media:20160705134600j:plain

一方で青色は後退色で、距離を遠く見せてくれる効果があります。なので青色の洋服を身につけると、他カラーの洋服よりも体をシャープに見せてくれるんです。特にトップスとボトムスを同系色で合わせると、スリムでスタイリッシュなコーデが完成します。

青色のおしゃれコーデとは?

トップスとボトムスを同系色で合わせるといっても、全く同じ色はNG。おしゃれな組み合わせにするなら、「青シャツ×デニム」が鉄板の着痩せ青コーデ。 ダイエット中の女性は、ガウチョ風デニムにヒールをオンすれば足がほっそり見えるのでおすすめです!

ネイビーのTシャツに濃いブルーのボトムスを合わせたコーデも着痩せ効果抜群。肩周りをすっきり見せてくれるネイビーは、華奢な印象を与えてくれますよ。 ダイエットの常識を覆した、“黒は実はあまり着痩せしない”という事実。今までブラックコーデばかりしていた人も、青色の洋服を取り入れたコーデに挑戦してみて。周囲の人から「あれ?なんだか痩せた?」と言ってもらえるかも!

 

HOWZAP編集部

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

f:id:rizap-media:20170824111103j:plain

f:id:rizap-media:20170824141248j:plain

f:id:rizap-media:20170824141302j:plain

f:id:rizap-media:20170824141316j:plain

ページトップへ