読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたはどっち?夏太りする人と夏痩せする人の違いと原因

その他 ピックアップ

f:id:rizap-media:20160705133349j:plain

夏になると気になる体重や体型… ですが、世の中には夏太りしてしまうタイプの人と、逆に夏痩せしてしまうタイプの人がいるようです。一体、どういうことなのでしょうか?

夏太りの原因は?

まず、夏に気になるのが、夏太りという現象ですよね。 夏は汗をかくし、食欲もなくなるから痩せるのでは?と思いがちですが、実は、暑さや冷房、冷たい食べ物による冷えが原因で夏太りしてしまうことが多いのです。

暑さが原因で太るのは、夏場は体温が外の気温と同じくらいになっているから。 人間の身体は、外の気温と体温が同じくらいになっていると、身体を温める必要がないと思いエネルギー消費が減ります。そのため、基礎代謝も減少し、その分太りやすい身体になるのです。

また、夏の冷えも夏太りの大きな原因になります。 夏になると、冷たいそうめんを食べたり、冷たい飲み物を多く摂りがちですよね。これが冷えの原因となり、むくみを生むのです。 暑くても、できるだけ身体を冷やさないように、温かいメニューを食べたり、水分補給も常温の水にするなど、ちょっとの心がけで夏太りの原因は撃退できます。 夏太りタイプの人は、カリウムやビタミン類を多くとることも効果的。これらの栄養素には、むくみの原因である余分な水分を体内から排出する効果があるのです。

f:id:rizap-media:20160705133306j:plain

夏痩せの原因とは?

夏になると痩せてしまう人の多くは、食欲の低下が原因。 特に気を付けたいのが、水分の摂りすぎです。甘いジュースばかり摂取していると、胃液が薄まり消化不良を起こします。そのため、本来の時間になっても食欲がわかず夏痩せしてしまうのです。 また、夏になると運動をしなくなるというのも原因の一つ。 運動量が低下すると筋肉が落ち、体重が減少してしまうのです。 夏太りする人も、夏痩せする人も、適度に運動することはとても大切です。

夏場の運動は屋外だと熱中症の原因にもなりかねないので、スポーツジムなどの室内でできる運動をしたり、プールで泳ぐ、涼しい場所でヨガをする、などの運動を取り入れて筋力低下を防ぎましょう。

夏痩せは不健康な痩せ方なので、肌見せの夏だというのに、綺麗なボディラインとは言えません。「夏に痩せた!」と安易に喜んではいられませんね。 健康的な体系を保つためにも、筋力をつけ、冷たいものばかり食べず筋肉の原料にもなるたんぱく質を適度に摂取し、バランスの良い食事を心掛けることが大切です。

夏太り、夏痩せについてご紹介しました。目標にしたいのは、程よく筋肉がついた締まりのある健康的なメリハリボディ! 体重をキープし、理想のボディラインに近づくためにも、夏でも筋トレなどの軽い運動を取り入れ、食事にも気を使うようにしたいですね。

 

HOWZAP編集部

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

ページトップへ