読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくらはぎが太く見える“ししゃも足”とおさらば?!原因と改善方法

f:id:rizap-media:20160914181728p:plain

最近、若い女性達の間で「ししゃも足」という言葉を耳にする機会が多くなりました。ししゃも足と呼ばれてしまう原因には、筋肉の付き方や足のむくみなどが関係していると言われています。

でも、ししゃも足の女性の中では自分の足は何が原因でししゃも足なのか理解している人は少ないのではないでしょうか?そんな悩める女性のみなさんにししゃも足の原因や自分にあった改善方法をご紹介!足に自信がない女性の皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ししゃも足の特徴とは?

ししゃも足は、言葉の通り、足のラインがししゃものお腹のようにぷっくりと膨れている状態を指します。主に、足のふくらはぎがししゃものお腹に当たる部分だとイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

スカートなどを穿くときに、ししゃも足と化したふくらはぎを見せるのに抵抗がある女性は多いと思います。実は、ふくらはぎのししゃも足化は、一時的な現象ではなく日頃の生活習慣によって出来てしまっている場合が多く、気付いてすぐに改善…というのが難しいケースがほとんどなのです。

ししゃも足になる2つの原因

f:id:rizap-media:20160914181741p:plain

そもそも、ふくらはぎが盛り上がってしまうのには2つの原因があると言われています。
1つは、歩き方によるふくらはぎ周辺の筋肉の付き方によるもので、日頃よく歩く方や運動をしている女性に多い傾向があります。

2つめの原因としては、ふくらはぎ周辺のむくみが挙げられます。むくみとは体の老廃物が溜まっている状態を指します。むくみが原因の場合は、主に長時間の立ち姿勢をキープしなければならない仕事やデスクワーク、その他の生活習慣などが原因となっているケースがほとんどです。

自身の生活を思い返して、自分のししゃも足の原因はどれに当たるのか考えてみましょう。日々の生活で思い当たる原因がない方は、気になる部分を指でゆっくりと押し、ぱっと放してみてください。張りや弾力があれば筋肉組織が多いのが原因で、張り・弾力を感じなければむくみが原因といえるでしょう。

改善方法①「筋肉バランスを整える」

ふくらはぎには、負荷をかけることで肥大しやすい「腓腹(ひふく)筋」と、どんなに負荷をかけても肥大しにくい「ヒラメ筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。筋肉が原因のししゃも足では、腓腹(ひふく)筋の発達が大きな原因となっているため、まずは腓腹(ひふく)筋をそれ以上発達させないための歩き方を意識する必要があります。

具体的には、重心を自分の前後左右から見た中心の足元に置くよう意識し、体重は必ず前方にかけるようにして歩きます。体重が体の後方にかかると、常に膝が前に出がちな歩き方となり、ふくらはぎへ余計な負担がかかってしまうので注意しましょう。特に、ハイヒールややパンプスを日常的に履いている女性の皆さんは注意が必要です。

改善方法②「むくみ取り」

f:id:rizap-media:20160914181752p:plain

日常的にむくみが溜まりやすい方は、日ごろからストレッチやマッサージを行い、老廃物を溜めこまず、疲れをその日のうちに取りのぞく習慣を身につけましょう!そうすることで「気付いたらししゃも足が改善されていた!」という嬉しい結果につながるでしょう。

ストレッチやマッサージは、気付いた時にやるのも良いですが、より効果を高めるためにはお風呂上りで血行がよくなっている時間帯などに行うのが最もおすすめですよ。マッサージをする際は、足先から体の中心に向かって老廃物を流しだすイメージで行うとリンパの流れに沿っていくことができます。

美脚を目指す女性ならししゃも足の改善は必須です!

美脚は女性なら誰しもがあこがれるものですよね。もし、ししゃも足で悩んでいる女性が居たらししゃも足の原因を理解して、自分に合った改善方法を試してみてくださいね。すぐに結果が出なくても、続けることで嬉しい変化が見られるはずです。この機会に“脱・ししゃも足”をして、周りの目を気にせずお洒落を楽しめるような自信を手に入れましょう!

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

ページトップへ