読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れも取れて太ももスッキリ!?寝る前ストレッチの効果って?

トレーニング ストレッチ

f:id:rizap-media:20161107130155j:plain

ストレッチは怪我の予防に効果的。さらに、疲労回復やダイエットにもよい影響を与えるとされていますが、どのタイミングでストレッチをするのがよいのでしょうか?
ストレッチによって期待できる効果や効果が出やすいとされている最適な時間帯などをご紹介します。

寝る前のストレッチで疲労回復

身体に溜まった疲れを取るのが目的なら、寝る前にストレッチをするのがおすすめ。寝る前のストレッチによって副交感神経が活発にはたらき、心も身体もリラックスすると言われています。そのため、寝つきがよくなり朝の目覚めもスッキリするはずです。

また、凝り固まった筋肉がほぐれ、代謝がよくなると考えられています。とくに、動きが少ないポーズでゆっくりと時間をかけ、じっくりと筋肉を伸ばすようにすると、疲労回復が期待できるでしょう。

太ももストレッチで痩せる!?

f:id:rizap-media:20161107130205j:plain

人間の血液や体液、老廃物などは、重力によって下半身に溜まってしまうと言います。すると、下半身がむくみやすくなったり太りやすくなったりすることもあるようです。そこで、毎日寝る前に太ももをストレッチして痩せ体質を目指しましょう。代表的な太ももストレッチを3つご紹介します。

太ももの前のストレッチ

  1. 両膝を床につき、片膝を立てたら反対側の足を後ろに伸ばす
  2. 片膝を立てた足に両手を置く
  3. 身体を前に倒して10秒キープする
  4. 反対の足も同様に1~3を行う

太もも裏のストレッチ

  1. 仰向けに寝た状態で、片足を抱える。
  2. 反対の足を抱えた足とクロスさせる。
  3. 下の足を天井に向けて伸ばす
  4. 反対の足も同様に1~3を行う

寝る前のストレッチの注意点

疲労回復やむくみ解消、ダイエット効果が期待できる寝る前のストレッチですが、激しい動きはおすすめできません。運動前に行うような反動をつけるストレッチは交感神経を刺激し、運動ができる体制を整えようとして筋肉を温めてしまいます。すると、リラックスするつもりでストレッチをしたのに、身体が活発に動ける状態になってしまい、寝つきが悪くなってしまう恐れがあるのです。せっかく疲れを取るために行う寝る前ストレッチなので、反動をつけずにできるような運動を心がけましょう。

凝り固まった太ももの筋肉がほぐれると、疲労回復やダイエットによい影響をもたらします。「疲れが取れない」「太ももがむくみがち」「美脚を手に入れたい」とお考えの方は、ぜひ、寝る前に今回ご紹介したストレッチを始めてみてはいかがでしょうか。

TOPページへ戻る カテゴリーへ戻る

ページトップへ